スキップしてメイン コンテンツに移動

asoyaji DAC ・・・幸せな音

JPLAYで音楽を聴くようになって、音楽が一段と魅力的になりました。その後、リッピング環境を改善し、IDタグ除去、WAV統一と、PC環境は整いました。

JPLAYを始めようと思ったきかっけは「PCで音楽」のasoyajiさんのブログです。音に対する思いというか、感性が同じ(勝手にそう思ったのですが)なので、asoyajiさんの作るDACがほしくてほしくて。一方的にお願いしてみたらOKいただけて、作っていただきました。



レイアウトも美しい配置です。詳しい仕様は「PCで音楽」に書かれていますが、何と言ってもファインメット・ライン・トランス1010でしょうね。これに以前からずっと憧れて、恋い焦がれていたのですから。

聴いていることが幸せすぎる音です。高音、低音がどうとか、歪がどうだとか、そういう形容詞で語る範疇を超えた音です。気持ちがいい~幸せ~寝たくない~

そして、JPLAYとの相性が最高。DDCのxCORE-200は2000MIPSの超高性能で、DAC Link700で3時間一度も音が途切れません。

以上は、2016年夏のことで、その後DACはAK4495からAK4497に進化し、より一層の音質向上を認めました。


コメント

このブログの人気の投稿

New asoyaji DAC~asoyaji DCケーブル

asoyaji DACは、日本トラストテクノロジーのモバイルバッテリー使用で、ファインメットリニア電源5Vを凌駕しました。USB-microUSBのDCケーブルはエレコムの携帯充電用を使用して、それなりの良い音と思っていたのですが、asiyajiさんが、全くレベルが違うとおっしゃるので、asoyajiケーブルを作成していただきました。デュカロンヒーターはそれほどかわらないだろうとのことで、3本作成していただいています。そして、ファインメットリニア電源用からのDCケーブルも3本同時に作成していただきました。

仕上がりはお見事。さすが、asiyaji audio company製だけのことはあります。

早速聴いてみました。まずは、モバイルバッテリーから。asoyajiさんの言われることがよくわかります。全く別物です。モバイルバッテリーを変えたとき以上の差がありますね。DCケーブルでこんなに音が変わるなんて、驚きです。ケーブルを変えるまでは気づかなかったしなやかさが感じられ、実に上品な音になります。モバイルバッテリーの5Vを使用するのに、数百円のDCケーブルを使う弊害が、ここで判明しました。これは見過ごすことができないレベルのものです。

次にファインメットリニア電源用のケーブルを使用してみました。驚くことは、日本トラストテクノロジーのモバイルバッテリーとほとんど同じレベルの音になりました。差がほとんどわかりません。DCケーブルがこれほど音を支配するなんて、絶句ですね。

PCオーディオにバッテリーを導入するのはこれからも進んでいくでしょうが、DCケーブルに留意することが非常に重要なことがわかりました。USC-DCケーブルもオーディオグレードのものを使用しないといけないですね。

asoyajiさんの音を聴いてきました

この方との出会いがなかったら、ブログを書いたりすることもなかったと思います。JPLAYにしても、asoyaji DACにしても出会うこともなかったかも知れません。新宿駅で待ち合わせたのですが、服の色とカバンの色を聞いていましたので、思わず違う方に声をかけました(^^;本物のasoyajiさんは、想像と違うとても華奢な方でした(笑)


自宅にお邪魔いたしました。ブログの写真と当たり前ですが同じですね。Nagaiさんもお見えになり、ほぼ同世代の親父たちが昔話に花を咲かせて、楽しく音楽を聴きました。
多くの方が訪れて感想を書かれていますので、私はasoyaji DACについての感想を記します。asoyaji DACを見ず知らずの人間が手にしたのは私が最初だそうです。これは大いに威張れますね(笑)ところが初代asoyaji DACから現在は大いに進化しています。今回はどうしてもそれが聴きたかったのです。
まずは初代asoyaji DACの特徴はご本家の通りです。 http://asoyaji.blogspot.jp/2016/07/osss-ddc-dxio768kdiyinhk-xmosxcore.html
しばらくして、DACチップが4497になりました。 http://asoyaji.blogspot.jp/2017/09/blog-post_26.html
そして、さらなる進化は 1)クロックのデュカロン搭載 2)samizu音響のファインメット製の電源搭載 の2点です。どちらもその音を聴きたくてうずうずしていました。
1)と2)を同時に聴いた訳ですが、以下のように感じました。 1)は、10Mクロックで感じたのと同様に輪郭が整ってきわめて端正な音になっています。土台がしっかりした揺るぎない安心感を感じます。asoyajiさんとNagaiさんは、アナログ的な音と表現されていました。アナログに例えるなら、この音を出すアナログは相当な高級品でしか難しいと思います。 2)は、12Aパラのファインメット電源で感じたのと同様のダイナミックレンジの拡大を感じます。電源の大切さは誰もが知っていますし、ケーブルを変えても、端子を変えても音がわかるわけで、電源トランスを良くしたらどうなるか?これは変わって当たり前ですし、ケーブルでの変化ごとき程度のものではないですね。音が飛び跳ねるような…

New asoyaji DAC~日本トラストテクノロジーのモバイルバッテリー

左が60000AのMPB-60000A、右が34200AのMPB-34200です。asoyajiさんが推奨していたのが、右のタイプです。売り切れていたのですが、発売されました。アマゾンは高いので、ヤフーで購入しました。

これまでのどのモバイルバッテリーより数段良いですね。オーディオグレードと言って良いと思います。

この音のレベルは、MAXOAKのモバイルバッテリーを遥かに凌駕し、ファインメットの5V電源よりもSNで明確に上回ります。

DC出力もあるので、いろいろ使えそうです。

NEW asoyaji DAC見参

木製ケースのファインメット電源の第2世代asoyaji DACが、製品版のずっしり重い重厚なアルミケースにはいって帰ってきました。変更点は、写真右側のIVライントランスが、1010から巨大な1545に変更、電源が外部からの給電に変わりました。

電源供給は、asoyajiさんはモバイルバッテリーをおお勧めされています。リアパネルに4系統のmicro USB給電端子があります。

デュカロンヒーター 1 2 3 で

●デュカロンヒーター端子(消費電力 起動時1,480mA、安定時420mA)
●1 アナログ(DAC)用、デュカロン・クロック用端子(消費電力520mA)
●2 デジタル(DAC,DAI)用端子(消費電力 600mA)
●3 デジタル(DDC)用端子(消費電力 300mA)

となっています。デュカロンヒーターにそこそこのモバイルバッテリーを1台、1-3にMAXOAKのモバイルバッテリーから給電して、聴きました。電源ケーブルには、エレコムの20cmの電源専用ケーブルMPA-AMBC2U02BKを4本使用しました。デュカロンヒーターを1晩温めた通電12時間が経過した現在の印象を書きます。

第二世代木製ケースのasoyaji DACは、デュカロンが加わって、第一世代より重厚でスケールの大きな音になりました。デュカロンの効果で音の輪郭も明瞭で、大きな進歩はありました。

今回の第三世代asoyaji DACは、自作の延長ではなく、asoyajiさんが会社を立ち上げて、商品化されるまさにそのものです。第二世代とは、全く別物の音になりました、もちろん、アナログライクなasoyadi DACの最大の特徴はそのままに、大幅な解像度の向上と、装甲車のような重厚感さえ感じます。

先日吉田社長に聴かせていただいた最上級レベルのアナログの音に匹敵します。この厚みはまさにアナログレコードでしか聴けなかったものです。トランスの1545はまだまだエージングが数か月いるようですが、すでに過去最高のデジタルサウンドを奏でています。

ぜひどこかでasoyaji DACの音を聴いて下さい。寺本さんの精魂込めたファインメットライントランス1545を装備した、1年がかりで作り上げた素晴らしく重厚なケース、asoyajiさん発案のモバイルバッテリー駆動、どれもがasoyaji DACの輝かしい船出にふ…

New asoyaji DAC~ファインメットリニア電源駆動

第二世代asoyaji DACはファインメットトランス駆動のリニア電源で動いていました。今回、第三世代の市販型にバージョンアップしたわけですが、その電源を有効活用できるように、上図のような別ケースに入れていただき、何と10本もの5Vファインメットリニア電源を取り出すことができるようにしていただきました。

New asoyaji DACはなんといってもモバイルバッテリーでの音が売りなので、第二世代の電源に戻すのはどうかと思ったのですが、どれだけモバイルバッテリーがよいのか(AC電源からの分離という意味も含めて)を知りたいので、この5Vから4本の電源を取ってみました。

驚いたことに、モバイルバッテリーと全く遜色がないどころか、力強さでははるかにこちらが良いですね。静かさという点ではモバイルバッテリーですが、ファインメットリニア電源駆動で何の不満もありません。ファインメット電源を使用したときの何とも言えない艶が音に載ってまさに美音の極みです。DCケーブルに変換プラグを使用しているので、DC-microusbの良いケーブルがあれば、もっと音質は向上するような気がします。

出力トランスが1010から1545に変わったわけで、その音の違いはもちろん大きいのでしょうが、第二世代から劇的にさらに音が良くなったのは、モバイルバッテリーだけではなく、電源をDACケース内に入れなかったことも大きいと思います。そして、ケースのできの良さももちろんあるでしょう。

ファインメットリニア電源をDACと別ケースにしたことで劇的な音質向上があったと予測します。モバイルバッテリーの方が、CPは高いですが、このファインメットリニア電源の力感、美音は他では得られない唯一無二のものです。asoyajiさん、この電源もオプションで作ったらどうでしょうか?凄いですよ。

ブログ移動

趣味を共有できる方だけに発信したいと思いますので、限定公開に移行しています。興味のある方は、連絡フォームでご連絡ください。メールは、Gmailである必要があります。

NEW asoyaji DAC~モバイルバッテリーの検証

エージングもすすみ、ますます素晴らしくなっています。モバイルバッテリーの違いで音を楽しめますので、いろいろ試してみました。

1)MAXOAK 2台
2)SONY
3)パナソニック製のバッテリーと称する1980円のもの

一番高級なのは 2)です。

●デュカロンヒーター端子(消費電力 起動時1,480mA、安定時420mA)
●1 アナログ(DAC)用、デュカロン・クロック用端子(消費電力520mA)
●2 デジタル(DAC, DAI)用端子(消費電力 600mA)
●3 デジタル(DDC)用端子(消費電力 300mA)

の4つへの給電をいろいろ組み合わせてみました。

まずMAXOAK1台から4個とも給電するより、MAXOAK2台で、デュカロンヒーターとアナログを1台、デジタル2系統をもう1台で給電したほうが明らかに良く、この差は大きいです。そして、MAXOAKには2個の1A出力と、2個の2.4A出力があり、2.4Aの方がずっと音に迫力がありました。

4個別々に給電するとバッテリーによっては途中で給電を止めてしまうものがあります。このあたりはバッテリーの種類にもよりますが、2-3個くらいが良いのかもしれません。

2)のSONYが一番良いのかなと予想してまして、デジタル2系統に使用しましたが、MAXOAKの方が良かったですね。3)の安いやつは全然ダメでした。

ということで、モバイルバッテリーのクオリティが音に影響することがわかりました。アナログとデジタルは分離したほうが良いようです。デュカロンヒーターへの給電はそれほどクオリティを要しないのと常時通電がいるので、充電しながら使用できるものが良いでしょうね。